注文の出し方の例

株の取引は特に難しいものではないです。ではその出し方はどうなのかというとまずは購入したいと思う銘柄を選びます。そして銘柄を選んだら次はその買う枚数を決めます。単純に考えれば枚数が多くなればなる程大きな利益が期待できるようになり、その逆で損失も大きくなるということです。ハイリスク、ハイリターンであるので自分の身の丈にあった枚数にしましょう。尚、銘柄によっても買える枚数というのは変わってきます、最低が100なのでそれより下の枚数には出来ないといった感じです。なので銘柄によってもどれくらい買えるのか確認しておきましょう。次はいよいよ注文であり、成り行きと指値の2つがあります。成り行きはそのまま相場の株価の流れに任せるタイプのものであり、最も簡単な方法でもあります。例えば成り行きを出した際の株価が120だった場合には120で購入するといった形になります。一方で指値は購入する値を決めておき、その決めた値になったら購入するという方法です。例えば100と設定すれば株価が100行けば自動的に購入という形です。成り行きに比べるとこちらは時間がかかりますが、その代わり値を指定できるということで成り行きより安定感があります。どちらも長所と短所があるので自分の取引スタイルに応じて使い分けていきましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。