注文・概算代金の支払い

株式を注文をすることは一般的に証券会社が仲介役となって証券取引所に株式の購入を発注することとなります。その際に証券会社の自分の口座にその購入代金を預けておく必要があります。その金額によって買い付け余力が決定します。この概算代金の従って代金の支払いが行なわれるのです。買い付け余力とは当日買い付け可能な金額の上限となります。例えば国内株式の成り行き現物買いの発注を見積もり時に発注時に概算受け渡し金額を買い付け余力より差し引きます。約定後約定単価で算出した受け渡し金額との差額は買い付け余力に戻ります。概算代金というのを使用するのは発注のスピードアップのためでもあります。あとで正確な代金を算出すればいいのでとりあえず概算で金額を算出して発注を受け付けるのです。証券というのは価格が常に変化していますので信用取引などは口座に預けた金額を超える損失を被ることがあります。その際には追い証を求められ口座に金額をさらに入金する必要があります。この信用取引においても概算で金額をあらかじめ計算してその金額に基づいて信用取引の発注を証券会社は行なっています。金融取引どはこういう技術を使って取引を円滑にしているのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。