特定口座

株の取引の口座は何も一般的なものだけでなく、中には特定口座というものもあります。株式も収益ということになるので、当然一定数の利益が出れば確定申告を行わなくてはいけません。株の場合は単純に利益が出るだけでなく損失という部分もあるので、そこも踏まえてどれだけ納税しなければならないのかを計算しなければいけないことになります。しかしこちらの一般ではなく特定の方の口座を利用すると、その株価による所得を会社側に代わりに計算してくれるので、手間が省いて簡単に申告をすることができるようになるということです。また更に口座によっては納税自体も会社の方で済ませてくれて申告自体を自分でする必要がないというところもあります。なので税金の計算をするのが面倒だと感じる方は開設しておいて損はない口座であるといえるでしょう。ただこの口座を使う際に気をつけることとしては、配当や損失繰越の控除を受ける場合には自分でしっかりと確定申告をする必要があります。他にもその会社以外の口座で一定の利益が出た場合にも当然自分で計算する必要があります。なので特定を開設したから不要と考えていると申告漏れになってしまうということもあるので気をつけましょう。パソコン11

コメント

コメントを受け付けておりません。