値段の指定の仕方

株式の購入は通常証券会社に証券口座を開設してそこに概算代金を入金して証券会社を通じて証券取引所に発注という形で株式を購入するという形になります。その株式発注する時に値段を決めるわけですがその指定の仕方にもいろいろあるのです。まず成り行き注文という方法があります。これはとにかくいくらでもいいから売買を成立させたいという時にとる注文方法です。直ぐに買いたいまたは売却したい株式がある時にこの注文方法がとられます。値動きが早い株式の売買などにこの注文方法は有効となっています。後指値注文という方法もあります。これはあらかじめ購入したい株価を指定する売買方法です。あらかじめこの株価で売買したいという時にこの注文の仕方は有効となります。後逆逆指値という注文の方法もあります。通常の注文は買いなら買いで注文している株価かそれより安い価格で売買は成立することとなりますがこの逆指値の注文は今の株価よりも高い価格での注文が可能となっています。このように株の注文方法はいろいろと種類がありま。自分に適した注文方法で株式の売買をすることが大切になってきます。また最近では自動売買という方法も取られていますので必ずしもパソンコンなどの画面の前にいる必要もなくなくなっています。

コメント

コメントを受け付けておりません。