売買にかかる諸経費・税金

アベノミクスによる株高を背景に株式投資を検討されている方も多いことかと思います。 また、NISA口座がスタートしていることも大きな後押しとなっていることでしょう。

株式を扱うにあたって、支払う必要がある諸経費について説明致します。

株式口座の開設は基本的に無料で行えます。 銀行口座の開設も無料です。 しかし銀行口座から株式口座にお金を振り込む場合は手数料がかかるます。

次に株式口座内に保有しているお金で株式を購入する場合も、0.1~2%程度の手数料がかかります。

購入したものが現物株でない場合、例えば信用取引であれば金利が発生しますし、 投資信託だった場合は毎年信託報酬を払う必要があります。

次に売買を通じて差益が生じた場合は20.315%の税金がかかります。 この税金について、年額100万円の投資までなら非課税とする制度がNISA口座の仕組みです。

差益が生じた場合課税されてしまい、差損が生じた場合でも手数料を払う必要がある株式投資は常に 諸経費との戦いとなるのは明白です。

安定した優良株を根気良く長期間保有することは個人投資家にとっては優良な選択肢の一つと言えるでしょう。 税法はよく変わることがあるのでしっかりと知識を蓄える必要もあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。