売買代金の先渡し

株式投資をするには一般的には株式を預けるための証券口座を証券会社に開設する必要があります。株式の購入は証券会社の仲介により証券取引所に発注するのが一般的なのです。この株式の購入に必要なのが売買代金の先渡しなのです。株式を買う場合には代金を事前に証券会社にあずける必要があるのです。信用取引のようにこの預けたお金の何倍までか購入することがてぎるものもあります。そういう時には概算で金額を計算することとなります。信用取引の場合は特にそうですが株式というのは常に価格が変化していますので取引をスムーズに行なうためにも概算で取引をして後で正確な金額が確定するという方式をとっているのです。あらかじめ証券会社に自分が開いた口座に金額を先渡ししておいてそれを基に株式の購入をするのです。信用取引以外にも先物取引とりいうものもあります。こちらも証券会社に預けた金額を基に取引を行なうこととなります。この預けた金額は証拠金といわれます。証券の取引は金融取引ですのでいかにスムーズに行なうかが重視されているのです。初めに金額を証券口座に預けておけば後は概算で取引をして後で金額を確定するという方式を取るのです。これはとても便利な方法なのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。